今様・草加宿とは
  • 今様・草加宿」市民推進会議とは…
  • 会長あいさつ
  •  市民推進会議の概要
  •  市民推進会議の活動
  •  市民推進会議メンバー
  • 本年度スケジュール

「今様・草加宿」市民推進会議とは…

  草加市のルーツは江戸時代初期の草加宿開宿にあるといえます。
草加宿は、日光街道第2の宿場として、1606年、大川図書が近隣の人々と力を合わせ、街道整備とあわせ、草加宿の開宿に着手した事が始まりで、1630年、幕府公認の日光街道の宿場となり、綾瀬川などの舟運の河岸として産業を通して賑わい、コミュニティが形成されてきました。

草加宿の開宿に着手してから、400年を迎えることを契機に、国の支援を得ながら、これからの「草加のまちを考える」事業の取り組みが必要となりました。
草加宿開宿以来、最も変化が著しいのはここ30年。戦後の高度成長期には、松原団地が進出、人口も大幅に増加し、市は急激に都市化しました。草加市はこの状況に対応するため道路、排水路、下水道整備などの都市基盤整備に奔走してきました。しかし、ともすれば効率性に偏りがちなまちづくり。そのあり方を市民の視点からもう一度、見直すことが必要なのではないでしょうか。

本陣跡石碑建立式
本陣跡石碑建立式

草加松原634記念植樹
草加松原634記念植樹

  以上のようなことをふまえて、「今様・草加宿」市民推進会議の前身である「今様・草加宿」実行委員会が、旧日光街道南側詰から綾瀬川左岸・松並木までの地域を、一つの都市再生軸「今様・草加宿」のまちづくりを考える組織として、平成15年9月に草加市の呼びかけにより組織されました。
  実行委員会は対象地域内の町会や自治会、地区まちづくり協議会、商店会、商工会議所、青年会議所などの役員と、平成16年からは公募委員などを加え、総勢63名(平成18年1月現在)で構成されており、旧日光街道草加宿の現代への再生・復活をめざし、様々なまちづくり活動を行ってきました。
 具体的には、平成17年3月に将来ビジョンとして「今様・草加宿地域再生ビジョン」を取りまとめ、草加市長に提言したことをはじめ、草加市と連携し、事業の進捗の検証、ニュースの発行、インターネットでの情報発信、先進地視察、宿場まつりの開催など実行委員は一丸となって、「今様・草加宿」の理念の実現に邁進してまいりました。  しかしながら、近年、実行委員会の活動が低調となりつつあることから、組織の見直しが避けられない状況となり、実行委員会内部で検討会を設け、活性化のための課題の抽出、新しい組織の在り方を検討してまいりました。
長く熱心な検討の末、ようやく新組織の骨格が決定したことからに実行委員会を解散し、平成21年5月あらたに「今様・草加宿」市民推進会議として船出をしました。  「今様・草加宿」市民推進会議は、「今様・草加宿事業の促進を核に、行政との協働を基本として草加市全体の魅力的で個性的なまちづくりの実現に寄与すること。」を目的にした、市民の自主的主体的なまちづくり活動団体です。

事業としては...

①今様・草加宿事業について、検証、調査研究し、提言する。
②草加全域のまちづくりについて、調査研究し、提言する。

③会員相互の交流と意見交換、並びに、まちづくりの支援、 普及・啓発をする。

④その他、目的に必要となる事業。としています。

そして、この目的に賛同する方はどなたでも会員になれます

会長あいさつ

市民推進会議 会長 山川 仁

 このたび、「今様・草加宿」実行委員会発足以来 11 年間にわたり当会発展に尽くしてこられた岡野会長のあとをお引き受けすることになりました。誠に身の引き締まる思いです。
 草加市が多額の予算を充てて実施してきた「今様・草加宿」事業は次年度で一応完了します。平成 17 年に当会が提言した「地域再生ビジョン」の中で、この 10年で実現できなかった事業は何であるのかを精査する必要があります。
 まちづくりに関わる厳しい状況を直視しつつ「新・ビジョン」の作成が必要と考えています。当面は、行政が進めている第四次総合振興計画の策定や都市計画マスタープラン等の改定に要望や参加のかたちで関わりたいと思います。
 従来の委員会活動をさらに充実し、特に定例会の活発化をはかって参りたいと思います。
自由闊達な議論ができる定例会になると面白くなると思います。
 身近なまちづくりに関心を持つ人や若い世代の考えをもっと取り込んで活動して参ります。
「市民推進会議」となって6年目を迎えるにあたり、皆さんの更なるご協力をお願い申し上げる次第です。

「今様・草加宿」市民推進会議 会長 山川 仁
トップに戻る

市民推進会議の概要

市民推進会議規約

※規約をお読みいただくには、Acrobat Readerが必要です。 お持ちでない方はAdobeから無料で配布されています。
 

市民推進会議の構成とメンバー

「今様・草加宿」市民推進会議 正会員

会田 小弥太
青木 一彦
青柳 優
浅井 昭光
浅古 孝二郎
池田 国雄
井坂 次男
今井 一之
岩永 嘉仁
牛山 信康
牛山 守久
内山 英明
榎本 武彦
大川 久夫
大久保 啓介
小俣 克彦
加州 洋介
加藤 和之
加藤 修三

上手 一雄
河内 紀恵
久野 一郎
佐々木 一男

佐藤 明雄
下岡 保彦
鈴木 清一郎
鈴木 秀世
鈴木 三利
須永 賢治
染谷 勝之
田川 浩司
田島 一
田中 光彦
谷澤 欣子
都築 実三
角田 良子
寺田 典明
富永 悟

永井 晃
中島 清治
中野 徹
野間口 司郎
野口 貴史
長谷部 健一
早舩 潤一

船戸 良一
三田 矩夫
宮本 節子
三輪 雄一郎
村上 昌巳
村山 元昭
谷古宇 隆一
谷古宇 孝
山川 仁
山川 百合子
山口 昭人
横須賀 吉明
吉田 勝美
吉田 光明
(敬称略)
59名

賛助会員

NPO法人うるおい工房村

株式会社サイエンスホーム

(敬称略)
2団体

役員一覧

会  長 山川 仁
副会長 上手 一雄
青柳 優
長谷部 健一
監  事 牛山 守久
染谷 勝之
理  事

池田 国雄
今井 一之
内山 英明
榎本 武彦

大久保啓介

小俣 克彦
久野 一郎
佐々木 一男
田中 光彦
田島 一
都築 実三
角田 良子
寺田 典昭
中島 清治
早舩 潤一
三田 矩夫
宮本 節子

村上 昌巳
村山 元昭
谷古宇 孝

トップに戻る

事務局

事務局長 佐々木 一男
副事務局長 今井 一之
会  計 三田 矩夫
角田 良子
事務局

大久保 啓介
都築 実三
寺田 典昭
早舩 潤一

村上 昌巳
谷古宇 孝

にぎわいもてなし委員会

委員長 寺田 典昭
副委員長

都築 実三

角田 良子

交流草加学委員会

委員長 小俣 克彦
副委員長 村上 昌巳

広報委員会

委員長 中島 清治
副委員長 下岡 保彦
田中 光男

文化観光まちづくり委員会

委員長 田島 一
副委員長

今井 一之
富永 悟

日光歴史街道活性化特別プロジェクトチーム

委員長 青柳  優
副委員長 上手 一雄

歴史文化観光核検討委員会

委員長 長谷部 健一
副委員長 谷古宇 隆一

「今様・草加宿」検討特別委員会

委員長 今井 一之
副委員長 富永 悟
トップに戻る

 

平成28年度スケジュール

 
          年 / 月         会議等       事業・活動等
平成28年 4月

正副会長・委員長会議
会計監査

理事会

 
平成28年 5月 正・副会長会議
定例総会
会報の発行
平成28年 6月 正・副会長会議
 
平成28年 7月 正・副会長会議
定例会
 
平成28年 8月 正・副会長会議  
平成28年 9月 正・副会長会議
定例会
会報の発行
神明宮大祭
平成28年 10月 正・副会長会議 宿場まつり
平成28年 11月 正・副会長会議
定例会
 
平成28年 12月 正・副会長会議 会報の発行
平成29年 1月 正・副会長会議
定例会
もてなし事業(七福神めぐり)
平成29年 2月 正・副会長会議  
平成29年 3月 正・副会長会議
定例会
会報の発行
トップに戻る